• 4100004_gyuutanyaki
  • 4100014_fukahirera-men
  • 4100017_kirakiradon
  • Shiogama_sushi

宮城県

豊富な食材と伝統料理を有する「食材王国みやぎ」。まず食べて頂きたいのが「牛タン」です。炭火で香ばしく焼かれた牛タンは、肉厚でやわらかく、とってもジューシー。テールスープもたまりません。日本三景松島は、広島と並ぶ「カキ」の名産地。「かき小屋」でカキ食べ放題にチャレンジしてみましょう。他にも世界一と称される「気仙沼のフカヒレ」や、お寿司で有名な塩釜、石巻。世界三大漁場の一つ、三陸沖の海の幸を存分にご堪能ください。

宮城県のケンミン食

  • 4100018_hattojiru

    はっと汁

    小麦粉に水を加え,耳たぶ程度のかたさになるまでよく練り、適当な時間(季節により異なります)寝かせる。そして、その熟成した生地を、指で薄く延ばしながら醤油仕立ての汁に入れ茹であげます。また、あずき、ずんだ、ジュウネン(エゴマ)などに絡めたり、登米地方では特に、油で揚げた麩「油麩」を具に加えたものが親しまれています。ツルツル、シコシコの食感がやみつきになる郷土料理、それが「はっと」です。

    詳細ページへ

  • 4100001_harakomeshi

    はらこ飯

    福島県から宮城県へと流れる阿武墨川は昔から鮭が上る川として有名で、藩制時代は仙台藩主はもちろんのこと将軍家にも秋の味覚として謙譲されていました。仙台藩主貞山公(正宗)が貞山堀の工事臨検の際、漁民が鮭の腹子を御飯に炊いて献上したところたいそう喜ばれ、全国に広められるきっかけになったようです。腹子とはイクラの方言で、鮭の身と子をつかった「鮭の親子丼」ということです。

    詳細ページへ

  • 4100011_hoya

    ホヤ料理

    石巻は海のパイナップルと呼ばれれるホヤの全国有数の養殖地です。一部地域では聞き覚えのない食材かもしれませんが、ここではホヤを使った多くの料理が食べられています。ホヤ独特のクセや香りを消すために味噌焼きにしたものや、炊き込みご飯、ホヤ汁、ホヤまんじゅうなどが一般的ですが、数年前に当地で開催された「世界ほやエキスポ」では、ほや餃子にほや焼きそば、ほやアイスなど目新しいメニューも出展されました。毎年5月には「ホヤ祭り」が開催されるので、足を運んで新鮮なホヤに舌づつみを打ってみませんか。

    詳細ページへ

  • 4100015_moukanohoshi

    モウカのホシ

    モウカのホシ??そう思う人は多いでしょうが、これは気仙沼の珍味のひとつで、地産地消でなくなるため、ここでしか味わうことのできない貴重な食材なのです。「モウカ」はネズミザメ、「ホシ」は心臓を指し、モウカのホシとは、つまりサメの心臓のことです。薄くスライスして酢味噌をつけていただくのが一般的な食べ方です。サクサク、コリコリした食感と噛むたびに滲み出る旨みが何とも言えません。レバー好きの人におすすめ。気仙沼を訪れた際は是非食べたい逸品ですね。

    詳細ページへ

  • 4100004_gyuutanyaki

    牛タン焼き

    牛タンは牛の舌部を指し、タンは英語のtongueから由来しています。太平洋戦争後に仙台に駐留米軍が残したタンとテールを有効に活用するために焼き鳥店が牛タン焼きの専門店を開業したことが始まりです。高度成長期に仙台の単身赴任者などにより全国的に知られました。

    詳細ページへ

  • 4100012_ishinomak,iyakisoba

    石巻焼きそば

    石巻焼きそばは石巻で戦後からずっと食べられているソウルフードで、二度蒸しした茶色い麺を使っているのが特徴です。そして焼き上げにだし汁を加えるのが石巻流です。水分をふくみやすい麺がそのだし汁を吸って、一般的な焼きそばよりも風味のある焼き上がりになっています。そしてトッピングされた目玉焼きも見逃せません。焼きそばに目玉焼きって、なんだかすごく贅沢している感じになりますよね。石巻にお越しの際はこのソウルフードの味を是非お試しになってくださいね。

    詳細ページへ

その他の宮城県のケンミン食を見る