Ikanagonokugini

いかなごのくぎ煮

毎年2月末から約1カ月間行う「いかなご新子(しんこ)漁」で獲れた体長2~4cmの新子(幼魚)をしょうゆや砂糖、みりん、しょうがで甘辛く味付けした郷土料理です。 「生の新子」を優しく、手早く調理しないといけません。完成品が「折れ曲った古くてさびた釘」に似ていることから、「くぎ煮」と名づけられたいわれています。発祥は諸説あり、鮮魚店がお客様の要望により作り始めたという説や、神戸の網元が従業員に食べさせたのがはじまりという説などがあります。 いかなご新子漁が終わる毎年3月頃には、スーパーにところ狭しと積み上げられます。この時期には、各家庭でいかなごを炊く光景がよくみられます。土産物店での取り扱いもあり、お土産としての人気も高いです。長期保存が可能でカルシウムを多く含んでいます。

この「ケンミン食」が食べれるお店