エリア選択結果

「芦屋・宝塚・三田・篠山・西宮(甲子園)」エリアのケンミン食を3件中 1-3件を表示しています。

  • Botannabe

    ぼたん鍋

    兵庫県丹波篠山地方は冬を迎えると猪の狩猟が盛んに行われます。夜明けになると猟師達が山を巡り、その日に仕留めた獲物を町に持ち帰ります。猪肉(ししにく)食文化のなかで代表的な料理がぼたん鍋です。 大皿に猪肉を盛り付けた様子が牡丹の花を思わせることからその名が名付けられたと言われます。薄切りの猪肉を白菜やにんじん、ごぼう、きのこなどの野菜とともに煮込んで食します。 もとは明治期の軍隊食、味噌仕立ての猪鍋がルーツとされ、現在も篠山市には数多くの専門店が存在します。

    詳細ページへ

  • Tanba_kuromame

    丹波の黒豆

    丹波地方では、「丹波黒」と呼ばれる良質な黒豆を栽培しており、その粒の大きさ、つやは右にでるものがなしといわれるほどです。また、煮上がりの味のよさは抜群、粒は丸く大きく、もっちりとした食感で風味がよく、いくら煮ても皮がむけないのが特徴です。お正月のおせち料理をはじめ、煮豆や黒豆ご飯など年間通して、利用されています。

    詳細ページへ

  • Amachan

    尼チャン(尼崎あんかけチャンポン)

    「あまちゃん」と言えば、2013年流行語大賞にもなったあの言葉を思い浮かべますが、ここ尼崎では「尼チャン」=「尼崎あんかけチャンポン」となります。高度経済成長期に九州からの集団就職者から伝わったチャンポンに、満腹感を得るためにアンかけを用いた事が始まりと言われており、異文化が融合する産業都市尼崎ならではのソウルフードです。今では塩味、カレー味、味噌味など店折々の特製尼チャンを楽しむことができます。「尼崎あんかけチャンポンプロジェクト協力店マップ」を片手に、尼チャン巡りをする人も多いとか。尼崎の尼チャン、是非ご賞味あれ。

    詳細ページへ

  • 1