エリア選択結果

「淡路島」エリアのケンミン食を4件中 1-4件を表示しています。

  • Awajishimanu-doru

    淡路島ぬーどる

    「淡路島ぬーどる」は手延べ素麺の名産地として有名な淡路島に誕生したご当地グルメで、淡路手延べそうめんの伝統製法を踏襲したオリジナル麺と、淡路島特産のタマネギをはじめ、魚介、野菜、淡路牛など淡路産の素材を使った創作メニューです。ルールはこの2点だけで、ホルモン鍋に一緒に煮込んで食べる「ホルモン鍋ぬーどる」や、クリーミーなクリームスープを使った「淡路産猪豚と玉葱と牛乳のクリームスープぬーどる」、「釜揚げぬーどる」「焼きぬーどる」など、加盟店舗39店で様々な具材や調理法を使って考案されたバリエーションを楽しむことができます。アナタのお好み淡路島ぬーどるを見つけてみてはいかがですか。

    詳細ページへ

  • Awajinotamanegi

    淡路の玉ねぎ

    淡路島を代表する特産品。温暖な気候と肥沃な土壌でじっくり栽培。甘味と香りに優れ、繊維も柔らかくて美味しいです。淡路島の玉ねぎがまるごと1個入った、淡路島カレーも人気上昇中。

    詳細ページへ

  • Awajinohamosuki

    淡路のハモすき

    夏場の京都の食前には欠かせないハモの名産地として有名な淡路島ならではの美味しい食べ方の一つが、ハモすきです。旬の夏場になると淡路では炙ったハモの頭でとった醤油ベースのダシに、特産の玉ねぎや様々な具材とハモを煮込むハモすきが盛んに食べられます。玉ねぎ特有の甘みが出たダシに軽く通したハモの食感はふんわりじんわりでとっても上品な味わいです。ハモの身もたっぷりで、食べたあとには充実の満腹感が味わえます。

    詳細ページへ

  • Awajishimagyudon

    淡路島牛丼

    淡路島産の牛肉、たまねぎ、お米を使った淡路島のソウルフードとして考案された淡路島牛丼は、ステーキに使われる極上の淡路牛を贅沢に使用した最高級の牛丼です。淡路和牛と淡路玉ねぎを煮込んで「旨味を凝縮」させたその味は、食べ慣れた牛丼とは別次元の美味しさです。一般的な牛丼と比べて価格は2000円前後と高めですが、その値段を凌駕する味わいは食べてみるだけの価値ありです。島内協賛店でその味を楽しむことができますので、各店が提供する絶品の一杯を是非ご堪能あれ。

    詳細ページへ

  • 1